画期的なロボット溶接|AEDにかかる値段を知ろう|人類の救世主
女の人

AEDにかかる値段を知ろう|人類の救世主

このエントリーをはてなブックマークに追加

画期的なロボット溶接

レーザー施術

製造業に欠かせないもの

日本のモノづくりを支えている鉄鋼の製造業において、必要不可欠となっているのはレーザー機です。レーザー機とは、レーザー光線を使用し、鉄・非鉄の材料を切断するもので、従来の材料の切断機とは比べ物にならないほど切断面が綺麗で、切断するスピードもかなり早くなりました。これらの点が良くなったことで、生産性が向上したことは間違いないと言えるでしょう。また、レーザー機も開発が進み、これまでは切断することが出来なかった、銅や真鍮などの材料の加工もできるようになり、切断するスピードも更に増しました。その為、現代の製造業を営んでいる会社ではほとんどの会社がレーザー機を導入しており、今日の製造業を支え続けています。

3種類あるレーザー機

そんなレーザー機は光を照射する媒体により3つに種類が分けられます。1つ目は、個体レーザーのyagレーザー。2つ目は、気体レーザーのCO2。3つ目は、半導体レーザーのSI・GA・砒素です。これらはそれぞれ違った特徴をもっていますが、中でも、個体レーザーのyagレーザーは、切断とは違う使われ方をし、人の手で溶接をしない、ロボット溶接機などに使用されるなど、製造業界にとっても欠かせないのがyagレーザーであると言えます。yagレーザーの特徴は、熱を集中させることにより、通常のレーザーで起こる歪みという材料が熱により曲がってしまうのを最小限にします。また、ロボット溶接で使用される際、ビードと呼ばれる溶接部の外観がとても綺麗で、製品として質が上がることが言えます。