地球に優しい土砂の再利用|AEDにかかる値段を知ろう|人類の救世主
女の人

AEDにかかる値段を知ろう|人類の救世主

このエントリーをはてなブックマークに追加

地球に優しい土砂の再利用

工事

求められる再利用技術

土質改良プラントが普及しているのは、土木工事で発生した土砂を再利用できるからです。土質改良プラントは低コストで行うことができます。日本では環境規制が非常に厳しいため、土木会社は環境保全コストを高くする義務があります。土質改良プラントは非常に効率的で、低コストで高品質な土質改良が可能です。廃棄物の土質をあらゆる目的に使える高品質の土砂に改善し、資源枯渇問題の解決や地球環境の保全に大きく貢献します。土質改良プラントを使用することにより、ISO国際認証取得に有利となるのです。

サイズの統一が大切

土質改良プラントは、ふるい分けから土質改良まで一連の作業を一括して実行できるプラントです。大きな製品は固定式が多いですが、小さい製品群の中には自走型もあります。自走型の土質改良プラントの場合、現場に直接持ち込むことができます。基本的に土質改良プラントは、最初に土質をふるい分けて、粒子のサイズを一定にします。このとき異物を混入させないように注意する必要があります。金属片等を取り除くために、磁気装置が組み込まれている製品もあります。サイズを一定にしたら、セメントや生石灰などの固化剤を加え、土と混ぜて混ぜ合わせます。このプロセスを経ることで、再利用に適した高品質の土を得ることができます。土質改良プラントによって、生成され、商品化された土は、作業現場ですぐに使用できます。地球環境のためにも、ぜひ、土質改良プラントを利用しましょう。